JP

EN

VN

News ニュース

2020.07.10

その虫歯、本当に「削る」べき??

こんにちは。

院長の中川です。

 

「歯に黒い箇所があるのだけど、虫歯だろうか?」

 

歯に黒い所があると不安になりますよね。

そういったお問い合わせは多いです。

 

結論からいうと、私は歯の表面にできたごく表層の虫歯は

 

「削りません」。

 

ひとむかし前には「黒いところは全部削る!」という時代がありましたが

現代では虫歯の仕組み(カリオロジー)は解明されてきており

きちんとお口のなかの状態が整っていれば

ちいさな虫歯はそのまま大きくならず、経過を見ることができます。

 

穴があいていることが「虫歯」と考えられがちですが

実際にはその虫歯をつくってしまった

「食習慣」や「唾液の質・量」、「細菌の堆積」など

その環境と状況こそが

『虫歯』そのものです。

 

つまり、穴を削ってつめることより

その原因が何かを考えて、生活習慣を改めなければ

またいくつも虫歯(穴)は発生してしまう、ということです。

 

 

これを考えると

小さい虫歯は「放置」して良いのではなく

しっかりとした「管理」のもとで経過をみていくことが大切になります。

 

お子さまの乳歯の虫歯の場合は、進行がはやいことも多いので

レントゲンで深さを診断し

リスクを考えて早期に削ることはあります。

 

どちらにしても、大人も子どもも

定期的な予防管理が一番大切です。

 

当院では将来のことを考えて

定期検診で通っておられる患者さんがとても多いです。

 

こども向けの「なごみキッズクラブ」という

通いやすいシステムもあります。

 

削れば削るほど、歯は小さくなっていきます。

できるだけ歯を傷つけない治療を心がけています。

 

 

CATEGORY

ARCHIVE